次回の公開研究会概要

もっとオンライン診療を
もっとオンライン診療の医学的有効性のエビデンスを


医療にICTが大変なスピードで取り入れられて来ること、その流れはだれにも止められないとわかっていながら、臨床現場では、D to Pのビデオチャットを介した診療形態が診療報酬上ほとんど点数算定できない、異常な事態を迎えています。私たち研究会は臨床医師の声を制度設計に携わる関係各省庁へ届けるべく活動しています。

その際に、もっとも力となるのが、オンライン診療の医学的有効性に関する知見です。その研究データを積み上げることで、根拠を持った主張として、オンライン診療が医学的に優れた手段であり、かつ、患者志向の医療スタイルであることを訴えることができます。

 

診療報酬上の問題で一般の臨床では研究を実施するのも困難な状況の中、千葉大学医学部附属病院の清水英司先生が認知行動療法をオンラインで行った際の臨床試験結果を発表されました。昨年12月、清水先生の論文はJMIRという雑誌に掲載されました。https://www.jmir.org/

そこでぜひ清水先生にこの臨床試験のお話を伺いたく、ミニ勉強会を企画しました。

今回の勉強会は、認知行動療法を学ぶ貴重な機会ともなります。定員になり次第締め切りますので、お早くお申し込みくださいますようお願い申しあげます。


 

オンライン診療研究会 ミニ勉強会

2019年3月17日(日)10:00~12:20  (9:45受付開始)

御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター Room D

https://solacity.jp/cc/visitor_ja/

定員45名

  • 講師 清水栄司先生(千葉大学医学部附属病院認知行動療法センター長)
  • 講演「オンライン診療による認知行動療法の有効性についての臨床試験結果」
  • 日程

 10:00~11:30講演

 11:30~12:20講師を囲んで軽い昼食をご一緒しながら質疑応答、歓談

 12:20散会

  • 参加費5,000円+弁当代1,300円(弁当不要の方は申込時にお申し出ください)

 当日現金でお払いください。

 お名前・職種・所属・電話・FAX番号をお書きください。
 弁当不要の方のみ「弁当不要」とお書きください。

 

日本オンライン診療研究会 会長

黒木春郎

 


日本オンライン診療研究会事務局

医療法人社団嗣業の会 外房こどもクリニック
299-4503千葉県いすみ市岬町和泉1880-4
外房こどもクリニック
電話 0470-80-2622 FAX 0470-80-2633
Mail  info@online-m.org